蕎麦の花

城跡を泣人誰やそばの花 言水

蕎麦もみてけなりがらせよ野良の萩 芭蕉

三日月に地はおぼろ也蕎麦の花 芭蕉

蕎麦はまだ花でもてなす山路かな 芭蕉

月九部あれのゝ蕎麥よ花一つ 素堂

棚橋や夢路をたどる蕎麦の花 素堂

門の畑よるの枝折や蕎麦の花 杉風

故郷や酒はあしくとそばの花 蕪村

黒谷の隣は白し蕎麦の花 蕪村

道のべや手よりこぼれて蕎麦の花 蕪村

鬼すだく戸隠のふもとそばの花 蕪村

大根も葱もそこらや蕎麦の花 太祇

蕎麦の花真昼に暮ぬ不破の雨 暁台

花そばや立出て見ればましろなる 几董

此頃の銀河や落てそばの花 青蘿

月を実にむすびやすらんそばの花 青蘿

痩山にぱつと咲けりそばの花 一茶

なだらなる岡の片側蕎麦の花 子規

いかめしき門を這入れば蕎麦の花 漱石


をすゝきのしもとに交り穗になびく山ふところの秋蕎麥の花


諸樹木をひた掩ひのぼる白雲の絶間にみゆる谷の秋蕎麥


宮路ゆく伊勢の白子は竹簾古りにしやどの秋蕎麥の花


伊勢の野は秋蕎麥白き黄昏に雨を含める伊賀の山近し

本降りになる首途の蕎麦白き 碧梧桐

蕎麦白き道すがらなり観音寺 碧梧桐

藪陰や濡れて立つ鳥蕎麦の花 漱石

赤彦
さやさやし蕎麦の花畑風のむた動くを見れば我もゆるるがに

利玄
蕎麦の花しらじら咲けり山裾の朝日のささぬ斜面の畑に

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内