與謝蕪村

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

よらで過る藤沢寺のもみぢ

むら紅葉会津商人なつかしき

いさゝかなをいめ乞れぬ暮の秋

くれの秋有職の人は宿に在す

跡かくす師の行方や暮の秋

桜なきもろこしかけてけふの月

鬼すだく露のやどりやのちの月

関の燈をともせば滅ゆる野分

西須磨を通る野分のあした哉

妻も子も寺で物くふ野分かな

線香やますほのすすき二三本

君見よや拾遺の露五本

西行の夜具も出て有紅葉

ひつぢ田に紅葉ちりかゝる夕日かな

朝露やまだ霜しらぬ髪の落

みのむしや秋ひだるしと鳴なめり

かつまたの池は闇なりけふの月

鬼老て河原の院の月に泣ク

庵の主をとへば芋掘りに

長き夜や通夜の連哥のこぼれ月

石を打狐守夜のきぬた

書つづる師の鼻赤き夜寒

にしき木は吹きたふされて鶏頭花

そば刈て居るや我行道のはた

鬼すだく戸隠のふもとそばの花

椎拾ふ横河の児のいとま哉

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図