和歌と俳句

茸 きのこ 菌

茸狩やあぶなきことにゆふぐれし 芭蕉

茸狩やひとつ見付しやみのほし 素堂

たけがりや見付ぬ先のおもしろさ 素堂

茸狩や鼻のさきなる哥かるた 其角

茸狩やちいさき者に笑はるる 千代女

上を見ぬ目にも欲あり菌狩 也有

茸狩や頭を挙れば峰の月 蕪村

君見よや拾遺の茸露五本 蕪村

おくれ馳に魚さげゆかむ菌山 暁台

唐櫃の北山戻るきのこかな 召波

さし上て獲見せけり菌狩 召波

降出して茸狩残す遺恨哉 召波

鶏の掻き出したる菌かな 一茶

手の前に蝶の息つぐ茸哉 一茶

海見る芝に坐とるや焼菌> 一茶

茸狩女と知れし木玉哉 子規

ものの香の茸あるべくも思ふかな 子規

名も知らぬ菌や山のはいり口 子規

子規
奥山に淋しく立てるくれなゐの木の子は人の命とるとふ

誰が叫ぶ声の木玉に鳥鳴きて奥山淋し木の子狩る頃

茸狩や鳥居の赤き小松山 漱石

さきんぜし人を憎むや菌狩 碧梧桐

晶子
見るままにかまど作りてきのこ飯かしぐまはりに七人は寝る

晶子
香木の朽ちし香ひを立つるなり黒き茸も白ききのこも

菌汁大きな菌浮きにけり 鬼城

茸やく松葉くゆらせ山日和 久女

茸山の麓を通る天気かな 草城

茸山や夫人晴着に襷がけ 草城

雑茸も採れば皆貫く笹の茎 草城