古今集 菅原道真
秋風のふきあげにたてるしらぎくは花かあらぬか浪のよするか

古今集 敏行
久方の雲のうへにてみる菊は天つほしとぞあやまたれける

古今集 友則
露ながら折りてかざさむ 菊の花> おいせぬ秋のひさしかるべく

古今集 貫之
秋の菊にほふかぎりはかざしてん花よりさきと知らぬわが身を

古今集 貫之
さきそめしやどしかはれば菊の花色さへにこそ移ろひにけれ

後拾遺集 惠慶法師
うゑおきしあるじはなくて菊の花おのれひとりぞ露けかりける

後拾遺集 大弐三位
つらからん方こそあらめ君ならでたれにか見せん白菊の花

後拾遺集 伊勢大輔
めもかれず見つつくらさん白菊の花より後の花しなければ

後拾遺集 藤原義忠
むらさきにやしほそめたる菊の花うつろふ色と誰かいひけん

後拾遺集 赤染衛門
きくにだに心は移る花の色を見に行く人はかへりしもせじ

後拾遺集 元輔
うすくこく色ぞ見えける菊の花露や心のわきて置くらん

後拾遺集 能宣
狩に来ん人に折らるな菊の花うつろひはてむ末までもみん

千載集 基俊
今朝見ればさながら霜をいただきておきなさびゆく白菊の花

俊成
山川の水の水上たづねきて星かとぞみるしらぎくの花

俊成
うき身にはあまりなるまで見ゆるかな匂ひみちたる宿の八重菊

千載集 家隆
さえわたるひかりを霜にまがへてや月にうつろふ白菊の花

定家
露ながらをりやおかまし菊の花しもに枯れては見るほどもなし

定家
さきまさるくらゐの山の菊の花こきむらさきに色ぞうつろふ

定家
白菊のこころしかはる花ならば色うつろはぬ秋もあらまし

定家
秋ふかき岸のしらぎく風ふけばにほひは空のものにぞありける

定家
又もあらじ花より後のおもかげに咲くさへ惜しき庭のむら菊

定家
ひとすぢに頼みしもせず春雨に植ゑてし菊の花を見むとは

良経
山川のすゑの流れもにほふなり谷の白菊さきにけらしも

定家
老いをせく菊のしたみず手にむすぶこの里人ぞ千代も住むべき

新勅撰集 大弐三位
いづれをか わきてをるべき 月かげに 色見えまがふ しらぎくの花

返し 權大納言長家
月かげに をりまどはるる しらぎくは うつろふいろや くもるなるらん

新勅撰集 天暦御製
かげ見えて みぎはにたてる しらぎくは をられぬなみの はなかとぞみる

新勅撰集 右兵衛督公行
月かげに いろもわかれぬ しらぎくは こころあてにぞ をるべかりける

新勅撰集 按察使公通
月かげに かをるばかりを しるしにて いろはまがひぬ しらぎくの花

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 柘榴 無花果 葡萄 あけび 烏瓜 秋祭り 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご ざぼん 浅茅 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
お得区案内図