藤原定家

風過ぐる萱が下根のつゆばかりほどなき世をや思い乱れむ

秋の来てほころびぬとやふぢばかま裾野の原の四方に匂へる

荻原や霧のたえまに風吹けば色も身にしむものにぞありける

秋来ればたがことづてを待たねどもこころにかかる初雁の声

山里のあきねのめざめさびしきは妻とふ鹿ぞたのみなりける

ながめする夕の空も立ちぬ隔たりゆくは昔のみかは

下草のうへとやよそにおもはましひく人もなきのふかさを

あかつきの夢の餘波を眺むればこれもはかなきあさがほの花

ひきわたす関の杉むら月もればみな鹿毛ぶちの駒とこそ見れ

長しとも思ひはてまし秋の夜にあくるもつらきのかげかな

さびしさをまた打ちそふる衣かな音をねざめの友と聞けども

つれづれとながむる宿の夕ぐれに人まつむしの声もをしまず

白菊のこころしかはる花ならば色うつろはぬあきもあらまし

秋くれてふかき紅葉は山ひめのそめける色のかざりなりけり

今日のみと思はぬ空のくるるだに秋の夕べはあはれならずや

いかなれや四方のまがきは枯はててなほ冬ごもるみ山べの里

もみぢ葉やしぐるるままに散りはつる又も野山の色変り行く

散りのこる草葉もかはる朝霜の秋のかたみはおかぬなりけり

ありま山おろす嵐のさびしきにあられふるなりゐなのささ原

老いはつる谷の松が枝埋もれてさへいとどふりにけるかな

遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 兼輔 興風 深養父 伊勢 兼盛 元輔 能宣 好忠 重之 公任 赤染衛門 紫式部 和泉式部 能因 経信 匡房 俊頼 基俊 顕輔 頼政 清輔 俊惠 崇徳院 俊成 西行 寂蓮 式子内親王 慈円 有家 家隆 定家 良経 実朝 良寛
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句