和歌と俳句

藤原有家

千載集・雑歌
初瀬山いりあひの鐘をきくたびに昔の遠くなるぞかなしき

新古今集
散りぬればにほひばかりを梅の花ありとや袖に春風の吹く

新古今集
青柳のいとに玉ぬく白つゆの知らずいく世の春か経ぬらむ

新古今集
朝日かげにほへる山のさくら花つれなく消えぬ雪かとぞ見る

新古今集・夏
すずしさは秋やかへりてはつせ川ふる川の辺の杉の下かげ

新古今集・秋
風わたる浅茅がすゑの露にだにやどりもはてぬ宵のいなづま

新古今集・冬
夢かよふ道さへ絶えぬくれたけの伏見の里の雪のしたをれ

新古今集・冬
行く年ををじまの海士のぬれごろもかさねて袖に波やかくらむ

新古今集・羇旅
ふしわびぬ篠のを笹のかり枕はかなの露やひとよばかりに

新古今集・羇旅
岩がねの床にあらしをかたしきて獨や寝ねむさよの中山

新古今集・恋
つれなさのたぐひめでやはつらからめ月をもめでし有明の月

新古今集・恋
忘れじといひしばかりのなごりとてその夜の月は廻り来にけり

新古今集・恋
来ぬ人を待つとはなくて待つ宵の更け行く空の月もうらめし

新古今集・恋
さらでだにうらみむとおもふ吾妹子が衣の裾に秋風ぞ吹く

新古今集・恋
物思はでただおほかたの露にだに濡るれば濡るる秋の袂を

新古今集・雑歌
山かげやさらでは庭に跡もなし春ぞ来にける雪のむらぎえ

新古今集・雑歌
春の雨のあまねき御代を頼むかな霜に枯れ行く草葉もらすな

新古今集・雑歌
誰かはと思ひ絶えてもまつにのみ音づれて行く風は恨めし

新古今集・雑歌
われながらおもふか物をとばかりに袖にしぐるる庭の松風

新古今集・雑歌
ひさかたの天つをとめがなつごろも雲居にさらす布引の瀧

新勅撰集・恋
たびごろも かへすゆめぢは むなしくて 月をぞ見つる ありあけのそら

新勅撰集・雑歌
あきふかく なりにけらしな すずかやま もみぢはあめと ふりまがひつつ

続後撰集・秋
はま風に すずしくなびく 夏草の 野島がさきに 秋はきにけり

続後撰集・秋
秋ふかみ となせにたぎつ もみぢばは 名にたつ山の 嵐なりけり