和歌と俳句

藤原実頼

後撰集・春
松もひき若菜もつまず成りぬるをいつしか桜はやもさかなむ

後撰集・春
つねよりものどけかるべき春なれば光に人のあはざらめやは

後撰集・秋
山里の物さびしさはのはのなびくことにぞ思ひやらるる

後撰集・秋
くれはてば月も待つべし女郎花雨やめてとは思はざらなん

後撰集・恋
今更に思ひいでじとしのぶるを恋ひしきにこそ忘れわびぬれ

後撰集・恋
今ははやみ山をいでて郭公けちかきこゑを我にきかせよ

後撰集・恋
思ひわび君がつらきにたちよらば雨も人目ももらさざらなむ

拾遺集・春
うすくこく みだれてさける 藤の花 ひとしき色は あらじとそ思ふ

拾遺集・秋
くちなしの色をぞたのむ女郎花はなにめでつと人にかたるな

拾遺集・賀歌
よろづ世にかはらぬ花の色なればいづれの秋かきみが見ざらん

拾遺集・雑歌
おくれゐてなくなるよりはあしたづのなどかよはひをゆづらざりけん

拾遺集・雑歌
いつしかとあけて見たれば浜千鳥跡あるごとにあとのなきかな

拾遺集・恋
あなこひしはつかに人をみつのあわの消えかへるとも知らせてしがな

拾遺集・恋
人しれぬ思ひは年もへにけれど我のみ知るはかひなかりけり

拾遺集・雑恋
人しれぬ人まちかほに見ゆめるはたがたのめたるこよひなるらん

拾遺集・哀傷
さくら花のどけかりけり亡き人をこふる涙ぞまづはおちける

新古今集・哀傷
をみなへし見るに心はなぐさまでいとどむかしの秋ぞこひしき

新古今集・恋
宵々に君をあはれと思ひつつ人にはいはで音をのみぞ泣く

新古今集・雑歌
道芝の露に争ふわが身かないづれかまづは消えむとすらむ

新勅撰集・恋
たれにかは あまたおもひも つげそめし きみよりまたは しらずぞありける

続後撰集・恋
富士のねの たえぬ煙も あるものを くゆるはつらき 心なりけり

続後撰集・雑歌
よのなかに ふきよるかたも なきものは このはちりぬる こがらしの風