和歌と俳句

京極関白家肥後

つららゐし ほそたにかはの とけゆけば みなかみよりや 春は立つらむ

ゆくすゑを まつぞひさしき きみがへむ 千代のはじめの ねの日とおもへば

あづまぢの 木曽のかけはし 春来れば まづ霞こそ たちわたりけれ

ひとめこそ かすかなれども 山里は たえずぞ来鳴く うぐひすのこゑ

春たちて けふはなぬかに 春日野の 若菜はまだき 双葉なりけり

こちかぜの まだうちとけて ふかねばや 雪消えやらぬ み山辺の里

なつかしく ふきくる風は 誰がしめし かきねの梅の にほひなるらむ

あをやぎの いとはみどりの かみなれや ふきくるかぜの けづりかほなる

とぶひのに もえいでにける さわらびを やくとききてや ひとのをるらむ

やまさくら にほふさかりは しらくもの やへたつみねと ひとやみるらむ

つれづれと ながめてぞふる はるさめの をやまぬそらの のきのたまみづ

わかせこが たなれの駒も さはにあれて はるのけしきは あしげなるかな

さよふけて くもゐはるかに かへるかり うはのそらにや やどをかるらむ

こぬひとを まちかねやまの よぶこ鳥 おなじこころに あはれとぞきく

みわたせば 小田の苗代 しめはへて 種まく程に なりにけるかな

ふるさとの あさぢがはらに おなじくは きみと菫の 花を摘まばや

もろともに 伏見の里の かきつばた 心ばかりは 隔てざらなむ

すみのえの 松にかかれる 藤の花 たれかかざしに なみのをるらむ

をりてこそ にほひもまされ もろともに ゐでのわたりの 山吹の花

春はただ けふをかぎりと きくものを こころほそくも 暮るるそらかな