和歌と俳句

飛火野

古今集 よみ人しらず
春日野の とぶひの野守 いでてみよ 今いくかありて 若菜つみてむ

新古今集 前参議教長
若菜摘む 袖とぞ見ゆる かすが野の 飛火の野邊の 雪のむらぎえ

定家
春のいろを 飛ぶひの野守 たづぬれど 二葉のわかな 雪も消えあへず

定家
いつしかと 飛火の若菜 うちむれて 摘めども未だ 雪も消なくに

良経
ゆく年を とぶひのゝもり いでて見よ 今いくかまて 冬の夜の月

雅経
けふもまた とぶひの野守 しるべせよ いまいくかありて 峰の初花

雅経
けふならで いま幾日とも なき春を とぶひののもり えやはとどむる

定家
立ちなるる とび火の野守 おのれさへ 霞にたどる 春のあけぼの

実朝
春日野の 飛火野のもり けふとてや むかしかたみに 若菜つむらむ

定家
夕涼 とぶ火の野守 このごろや いまいくかありて あきの初かぜ

定家
とぶひ野は まだ古年の 雪間より めぐむ若菜ぞ はるいそぎける

宗良親王
鶯の 飛火の野べの はつこゑに たれさそはれて 若なつむらむ


野坡
飛火野や若衆送らん鵙おとし

多佳子
白露や穂草茫茫ちかよれず