和歌と俳句

薬師寺

八一
しぐれふる野すゑのむらのこのまよりみでてうれし薬師寺の塔

八一
くさにねてあふげばのきのあおそらに雀かつとぶやくし寺の塔

八一
水煙のあまつおとめがころもでのひまにもすめる秋のそらかな

八一
あらしふくふるきみやこのなかぞらのいりひの雲にもゆる塔かな

薬師寺と唐招提寺渡る 普羅

花会式かへりは国栖に宿らんか 石鼎

行春や水草のみなる池の面 秋櫻子

花会式村びとすこしつどひたる 秋櫻子

花会式吹貫堂の前に立つ 秋櫻子

八一
うかびたつたふのもこしのしろかべにあさのひさしてあきはれにけり

八一
みほとけのひかりすがしきむねのへにかげつぶらなるたまのみすまる

八一
いにしへのうたのいしぶみおしなでてかなしきまでにもののこほしき

蝸牛扉にゐず佛見終れり 不死男

厨子の前千年の落花くりかへす 秋櫻子

薬師寺へ道を冬田の畦づたひ 悌二郎

大き黒き仏ゐませり冬田尽き 悌二郎

風花や双塔一つ滅びてなき 悌二郎

秋雨の御堂を開き厨子をあけ たかし

佛背の石の古井の水も秋 たかし

露の夜は露呼ぶ肌の如来とよ たかし

堂塔の霧深き夜の佛たち たかし

秋燈のよごれてともる沙弥の部屋 上村占魚

薬師寺の甘藷粥を管長以下我等 上村占魚

梅雨雀古代の塔を湧き立たす 三鬼

梅雨荒れの砂利踏み天女像へゆく 三鬼

仏見る間梅雨の野良犬そこに待てよ 三鬼

天女の前ゴム長靴にほとびし足 三鬼

きらめく時雨少女笑へば塔ひびき 楸邨

塔の巣の羽落ち落ちて地に達す 誓子

薬師寺の尻切れとかげ水飲むよ 三鬼

花会式造花いのちありて褪せ 多佳子

おぼろ夜を金堂灯る花会式 秋櫻子

喚鐘にみだるる燭や花会式 秋櫻子

散華舞ふ大光背や春の闇 秋櫻子

堂塔の月も久遠や花会式 秋櫻子