和歌と俳句

梅雨

気にかかる事もなければ梅雨もよし 虚子

梅雨の供花命やうやく遠ざかる 蛇笏

喇叭吹き馬車着く梅雨の毛越寺 秋櫻子

梅雨秘佛朱唇最も匂ひける 秋櫻子

青梅雨の金色世界来て拝む 秋櫻子

梅雨の瀬の簗駈けのぼる最上川 秋櫻子

青崖の生創洗い梅雨ひそか 三鬼

「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 草田男

梅雨の傘北陸びとに交りさす 林火

石塊として梅雨ぬるる天使と獣 多佳子

梅雨の廃壇石塊の黙天使の黙 多佳子

梅雨に広肩石のヨハネの顔欠けて 多佳子

園にして木々に雲ふれ梅雨夕べ 爽雨

噴水のほそぼそ噴ける梅雨入かな 万太郎

したしさや梅雨の高聲両隣 万太郎

梅雨凝つて四山暗さや軒雫 石鼎

わだつみの底ひもしらず梅雨静か 石鼎

筆掴いて梅雨の曇りかたそがれか 悌二郎

凡の墨すりて香もなし梅雨の入り 

電報の文字は「ユルセヨ」梅雨の星 三鬼

梅雨雀古代の塔を湧き立たす 三鬼

梅雨荒れの砂利踏み天女像へゆく 三鬼

仏見る間梅雨の野良犬そこに待てよ 三鬼

梅雨暗し床の花瓶の花白し 虚子

深海の魚のごとくに梅雨ごもり 風生

梅雨の崖屑屋の秤光り下る 三鬼

旅の梅雨クレーン濡れつつ動きつつ 三鬼

水と油あらがふしばし梅雨の床 草田男

一像梅雨に濡れゆく次第人さながら 草田男

ふつふつと生きて夜中の梅雨運河 三鬼

荒梅雨の沖の汽笛や誰かの忌 三鬼

やわらかき子等梅雨の間の岩礁に 三鬼

都電に乗る梅雨の巷のしたしさに 草田男

岩沈むほかなし梅雨の女浪満ち 三鬼

犬も唸るあまり平らの梅雨の海 三鬼