和歌と俳句

西東三鬼

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

寒明けぬ牲の若者焼く煙

独りゆけば寒し春星あざむきし

病者等に雀みのらし四月の木

爪とぐ猫幹ひえびえと桜咲く

雲黒し土くれつかみ鳴く雲雀

クローバに青年ならぬ寝型残す

見えぬ雲雀光る精魂まきちらす

鉢巻が日本の帽子麦熟れたり

燕の子眠し食いたし雷起る

若者の汗が肥料やキャベツ巻く

見事なる蚤の飛躍わが家にあり

葱坊主はじけてつよし雲下がる

栗の花呼び合い犬は犬呼ぶ夜

排泄が牛の休息泥田照る

田を植える大股びらき雲の下

南瓜の花破りて雷の逃ぐる音

梅雨明り黒く重たき鴉来る

という字生きて群がるパンの屑

鉄板に息やはらかき青蛙

夜の蠅の大き眼玉にわれ一人

やわらかき蝉生れきて岩つかむ

暗く暑く大群集と花火待つ

群集のためよろよろと花火昇る

貧しき通夜アイスキャンデー噛み舐めて

百合におう職場の汗は手もて拭く

蝙蝠仰ぐ善人の腕はばたきて

こがね虫闇より来り蚊帳つかむ