和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

秋風や秩父名物太郎蕎麦 万太郎

板すだれはや秋風のわびしけれ 万太郎

秋風のおとづれはやきなげきかな 万太郎

秋風や負けてもけなげ名寄岩 万太郎

妻病めり秋風門をひらく音 秋櫻子

秋風に光る根株へ磯づたう 三鬼

秋風や鋭き羽根はやせしに似て 草田男

斎をうく合掌唱偈秋の風 秋櫻子

秋風やその名親しき墓並ぶ 秋櫻子

秋風に岩もたれあい光りあう 三鬼

弥陀の前秋風の軍鶏首を立つ 楸邨

手を置けば子の髪厚し秋の風 波郷

煉瓦色に煉瓦積まるる秋の風 波郷

秋風や地底よりなる熔岩の隙 多佳子

娘の訪ひ来すぐ去ることも秋の風 虚子

桃色の雲より落とす秋の風 風生

あきかぜにゆるゝあはれや生簀籠 万太郎

秋風やはうれん草のバタいため 万太郎

大樹あり倚り佇めば秋の風 虚子

暁烏文庫内灘秋の風 虚子

門外は只秋風の円通寺 虚子

石庭の石皆低し秋の風 虚子

啄みてただ秋風の烏骨鶏 波郷

秋風にもし色あらば色ヶ浜 虚子

秋風やいのちうつろふ心電図 蛇笏

一渓の爛れ且つ噴く秋の風 秋櫻子

秋風の北空蒼し戸田峠 波郷

秋風や火床やすめたる車鍛冶 波郷

桟橋は湖の触覚秋風に 風生

秋風やころばぬさきの杖を突き 万太郎

あきかぜや芝居の手締は一度ぎり 万太郎

秋風や鎌倉かけて逗子に用 万太郎

秋風や海のホテルで町の中 万太郎

秋風や尖閣湾の礁めぐり 万太郎

秋風やいつの世よりの鬼太鼓 万太郎