和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

子規
あら澤の鴫たちかたゆくれそめて尾花の袖をかへす秋風

秋風や伊豫へ流るゝ汐の音 子規

秋風やはりこの龜のぶらんぶらん 子規

秋風と共に生えしか初白髪 漱石

秋風の一日何を釣る人ぞ 子規

白河や二度こゆる時秋の風 子規

秋風や妙義の山に雲はしる 子規

秋風や囲ひもなしに興福寺 子規

右京左京中は畑なり秋の風 子規

般若寺の釣鐘細し秋の風 子規

日の入や秋風遠く鳴つて来る 漱石

秋風や道に這ひ出るいもの蔓 碧梧桐

庭十歩秋風吹かぬ隈もなし 子規

三十六坊一坊残る秋の風 子規

古りけりな道風の額秋の風 漱石

秋風やの寺々鐘を撞く 漱石

来て見れば長谷は秋風ばかり也 漱石

子規
蒲殿がはてにしあとを弔へば秋風強し修善寺の村

子規
夕されば波うちこゆる荒磯の蘆のふし葉に秋風ぞ吹く

秋風や梵字を刻す五輪塔 漱石

先生の疎髯を吹くや秋の風 漱石

秋風の一人をふくや海の上 漱石

晶子
おばしまにおもひはてなき身をもたせ小萩をわたる秋の風見る

利玄
朝に入る鮭のうろこにうそ寒う夕日ひかりぬ船の秋風

秋風や眼中のもの皆俳句 虚子

秋風のしきりに吹くや古榎 漱石

晶子
伽藍すぎ宮をとほりて鹿吹きぬ伶人めきし奈良の秋かぜ

晶子
花草の満地に白とむらさきの陣立ててこし秋の風かな

晶子
大赤城北上つ毛の中空に聳やぐ肩を秋のかぜ吹く

晶子
秋のかぜ今わかかりし画だくみの百日かへらぬ京を吹くらむ

晶子
秋かぜは鈴の音かな山裾の花野見る家の軒おとづれぬ

晶子
秋の風きたる十方玲瓏に空と山野と人と水とに

学問の稚子のすゝみや秋の風 碧梧桐

小芒の淺山わたる秋風に梢吹きいたむ桐の木群か 

栂尾の槭は青き秋風に清瀧川の瀬をさむみかも 

鵯の晴を鳴く樹のさやさやに葛も薄も秋の風吹く