和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

土佐で見ば猶近からん秋の山

帰燕いづくにか帰る草茫々

わがやどの熟したり鳥来たり

掛稲やしぶがき垂るる門構

疾く帰れ母一人ますの庵

秋の雲只むらむらと別れ哉

見つつ行け旅に病むとも秋の不二

この夕野分に向て分れけり

飲む事一斗白菊折つて舞はん哉

憂ひあらば此酒に酔へ菊の主

黄菊白菊酒中の天地貧ならず

簫吹くは大納言なり月の宴

紅葉をば禁裏へ参る琵琶法師

麓にも秋立ちにけり滝の音

うそ寒や灯火ゆるぐ滝の音

宿かりて宮司が庭の紅葉かな

見ゆる限り月の下なり海と山

売るや隣の家は紙を漉く

蘆の花夫より川は曲りけり

日の入や秋風遠く鳴て来る

はらはらとせう事なしに萩の

蜻蛉や杭を離るる事二寸

轡虫すはやと絶ぬ笛の音

谷深し出る時秋の空小し

鶏頭に太鼓敲くや本門寺