和歌と俳句

夜寒

昼中の残暑にかはる夜寒哉 子規

不忍の池をめぐりて夜寒かな 子規

夜を寒み俳書の山の中に坐す 子規

蓑笠をかけて夜寒の書斎かな 子規

舟歌のやんで物いふ夜寒かな 子規

母と二人いもうとを待つ夜寒かな 子規

須磨寺の門を過ぎ行く夜寒かな

大寺のともし少なき夜寒かな

蕎麦はあれど夜寒の饂飩きこしめせ

客人を書院に寐かす夜寒哉 漱石

木枕の堅きに我は夜寒哉 漱石

盛り崩す墓石の音の夜寒し 漱石

韋編断えて夜寒の倉に束ねたる 漱石

竹林や夜寒の路の右左 龍之介

稲むらの上や夜寒の星垂るる 龍之介

茶の色も澄めば夜寒の一人かな 龍之介

咳ひとつ赤子のしたる夜寒かな 龍之介

木石の軒ばに迫る夜寒かな 龍之介

据ゑ風呂に犀星のゐる夜寒かな 龍之介

ぬかるみにともしび映る夜寒かな 龍之介

据ゑ風呂に頸すぢさする夜寒かな 龍之介

下京のともし火ならぶ夜寒かな 虚子

膝抱いて淀の川船夜ぞ寒き 虚子

据風呂に二人入りこむ夜寒かな 碧梧桐

夜を寒み人語聞えて森の寺 碧梧桐

道標や夜寒の顔を集め讀む 虚子

点滴と夜寒の釜の鳴る音と 碧梧桐

湖を見て夜越えになりし夜寒かな 碧梧桐

夜を寒み伽すれば乞ふに読む書あり 碧梧桐

谷水の地底に鳴りて夜寒かな 碧梧桐

灯あかるき大路に出たる夜寒かな 虚子