和歌と俳句

正岡子規

中天に並ぶ岩あり霧の奥

清水の屋根あらはれぬの中

護摩堂にさしこむ秋の日あし哉

社壇百級秋の空へと上る人

戸口迄送つて出れば星月夜

門を出て十歩に秋の海広し

那古寺の椽の下より秋の海

道尽きて雲起りけり秋の山

秋の山御幸寺と申し天狗住む

秋の山松鬱として常信寺

山陰や日あしもささず秋の水

底見えて魚見えて秋の水深し

鹿聞いて淋しき奈良の宿屋哉

ともし火や鹿鳴くあとの神の杜

朝鳥の来ればうれしき日和哉

赤蜻蜒飛ぶや平家のちりぢりに

啼きながら蟻にひかるる秋の蝉

我に落ちて淋しき桐の一葉かな

駄菓子売る村の小店の木槿かな

道ばたの木槿にたまるほこり哉

木槿咲く塀や昔の武家屋敷

木槿垣草鞋ばかりの小店哉

露なくて色のさめたる芙蓉

松が根になまめきたてる芙蓉

通天の下に火を焚く紅葉かな

鶏遊ぶ銀杏の下の落葉かな