和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

や木魚にまじる寛永寺

花の雲かゝりにけりな人の山

花に行く足に二日の灸かな

山燒くや胡蝶の羽のくすぶるか

見ればたゞ水の色なる小鮎哉

我庭に一本さきしすみれ

鳥なくや獨りたたずむ花の奧

あたたかな雨がふるなり枯葎

土手三里花をはなれぬ月夜哉

菜の花やはつとあかるき町はつれ

家の上に雲雀鳴きけり町はづれ

みなし子のひとりで遊ぶ

駒の尾に春の風吹く牧場哉

落したか落ちたか路の椿かな

海棠や檐に鸚鵡の宙がへり

桃さくや三寸程の上り鮎

鶯やとなりつたひに梅の花

さくや藁屋四五軒犬の聲

水鳥のつゝき出したる根芹哉

八重櫻咲きけり芋に蜆汁

草籠をおいて人なし春の山

兩側の竹藪長し赤椿

花ちるや寂然として石佛

あくびした口に花ちる日永

上總までかちわたりせん汐干潟