春の山

寝ころぶや手まり程でも春の山 一茶

草籠をおいて人なし春の山 子規

春の山越えて日高き疲れかな 子規

家ありや牛引き帰る春の山 子規

春の山畠となつてしまひけり 子規

どこやらで我名よぶなり春の山 漱石

模糊として竹動きけり春の山 漱石

石燈や曇る肥前の春の山 漱石

大仏を写真に取るや春の山 碧梧桐

晶子
人にそひて今日京の子の歌をきく祇園清水春の山まろき

晶子
上つ毛や赤城はふるき牧にして牛馬はなつ春かぜの山

晶子
春の山比叡先達は桐紋の講社肩衣したる伯父かな

何となく牧車通へり春の山 碧梧桐

長谷寺の現れ来り春の山 虚子

春山もこめて温泉の国造り 虚子

春山や松に隠れて田一枚 鬼城

春山や岩の上這う山歸來 鬼城

入口に孟宗藪や春の山 石鼎

芝に落つ我が影小さし春の山 石鼎

赤彦
萱の芽の青芽の伸びを踏みのぼる春の圓山はおもしろきかも

夕ばえてかさなりあへり春の山 蛇笏

憲吉
背戸川の音のさむけれ向うにてやうやく色ににほふ春山

春の山くびれをもちてまろさかな 風生

雪残る遠嶺を負ひぬ春の山 風生

上へ上へと重なりまろし春の山 風生

春山や鳶のたかさを見て憩ふ 蛇笏

白秋
春山は杉も青みていつしかと鶯の声が鶸に代りぬ

春の山のうしろから烟が出だした 放哉

鳥啼きて湖はしろがね春の嶽 蛇笏

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内