和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

消にけりあわただしくも春の雪

春の雪朱盆に載せて惜まるる

居風呂に風ひく夜や冴返る

霞む日や巡礼親子二人なり

旅人の台場見て行くかな

路もなし綺楼傑閣鵜梅の花

霞立つて朱塗りの橋の消にけり

どこやらで我名よぶなり春の山

行春や瓊觴山を流れ出る

神の住む春山白き雲を吐く

春暮るる月の都に帰り行く

羽団扇やに見ゆる神の輿

つつじ咲く岩めり込んで笑ひ声

鳴く雲雀帝座を目懸かけ上る

真夜中に蹄の音や神の梅

春の宵神木折れて静かなり

白桃や瑪瑙の梭で織る錦

梁に画龍のにらむ日永かな

奈良十二神将剥げ尽せり

乱山の尽きて原なり春の風

都府楼の瓦硯洗ふや春の水

五本並んで枝垂れけり

若草や水の滴たる蜆籠

月落ちて仏灯青し梅の花