和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

此土手で追ひ剥がれしか初櫻

冴返る頃を御厭ひなさるべし

に暮れて由ある人にはぐれけり

呉竹の垣の破目や梅の花

御車を返させ玉ふかな

掃溜や錯落として梅の影

永き日や韋駄を講ずる博士あり

日は永し三十三間堂長し

素琴あり窓に横ふ梅の影

永き日を順礼渡る瀬田の橋

鶴獲たり月夜に梅を植ん哉

錦帯の擬宝珠の数や春の川

里の子の草鞋かけ行く梅の枝

紅梅に青葉の笛を画かばや

紅梅にあはれ琴ひく妹もがな

梅の花不肖なれども梅の花

国分寺の瓦掘出桜かな

断礎一片有明ちりかかる

堆き茶殻わびしや春の宵

古寺に鰯焼くなり春の宵

配所には干網多し春の月

よく聞けば田螺鳴くなり鍋の中

山吹に里の子見えぬ田螺かな

白梅に千鳥啼くなり浜の寺

咲て奈良の朝こそ恋しけれ