和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

落つるなり天に向つて揚雲雀

雨晴れて南山春の雲を吐く

むづからせ給はぬ雛の育ち哉

去年今年大きうなりて帰る雁

一群や北能州へ帰る雁

爪下り海に入日の菜畑哉

里の子の猫加へけり涅槃像

のほうと許りで失せにけり

鶯や雨少し降りて衣紋坂

鶯や田圃の中の赤鳥居

旧道や焼野の匂ひ笠の雨

春日野は牛の糞まで焼てけり

宵々の窓ほのあかし山焼く火

野に山に焼き立てられて雉の声

野を焼くや道標焦る官有地

篠竹の垣を隔てて焼野哉

蝶に思ふいつ振袖で嫁ぐべき

蝶舐る朱硯の水澱みたり

山三里に足駄穿きながら

連立て帰うと雁皆去りぬ

鳴く事を思ひ立つ日かな

吾妹子に揺り起されつ春の雨

普化寺に犬逃げ込むや梅の花

虚無僧の敵這入ぬ梅の門

春の雲峰をはなれて流れけり