和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

土筆物言はずすんすんとのびたり

いの字よりはの字むつかし梅の花

金泥もて法華経写す日永

春の夜を小謡はやる家中哉

謡ふものは誰ぞ桜に灯ともして

八時の広き畑打つ一人かな

角落ちて首傾けて奈良の鹿

菜の花の中へ大きな入日かな

木瓜咲くや筮竹の音算木の音

若鮎の焦つてこそは上るらめ

夥し窓春の風門春の水

据風呂に傘さしかけて春の雨

泥海の猶しづかなり春の暮

石燈や曇る肥前の春の山

松をもて囲ひし谷の かな

雨に雲に桜濡れたり山の陰

菜の花の遥かに黄なり筑後川

人に逢はず雨ふる山の花盛

筑後路や丸い山吹く春の風

山高しややともすれば春曇る

濃かに弥生の雲の流れけり

拝殿に花吹き込むや鈴の音

金襴の軸懸け替えて春の風

留針や故郷の蝶余所の蝶

しめ縄や春の水湧く水前寺