春惜しむ

古今集 元方
惜しめどもとどまらなくに春霞帰る道にしたちぬとおもへば

後撰集 貫之
又もこむ時ぞとおもへど頼まれぬわが身にしあれば惜しき春かな

千載集 匡房
つねよりもけふの暮るるををしむかないまいくたびの春と知らねば

定家
春しらぬ憂き身ひとつにとまりけり暮れぬる暮れを惜しむ歎きは

俊成
惜しむとて春はとまらぬものゆゑに卯月の空は厭ふとや見む

実朝
おしむともこよひあけなばあすよりは花の袂をぬぎやかへてむ

春をしむ人や榎にかくれけり 蕪村

春惜しむ宿やあふみの置火燵 蕪村

春をしむ座主の聯句に召れけり 蕪村

春おしむ人や落花を行戻り 召波

野に山に閑人春を惜みけり 召波

春をしと見やれば落る木の葉有 暁台

行燈をとぼさず春を惜しみけり 几董

松そびへ魚をどりて春を惜む哉 一茶

白髪同士春ををしむもばからしや 一茶

草の戸や春ををしみに人のくる 子規

春惜む一日画をかき詩を作る 子規

嫁がぬを日に白粉や春惜む 漱石

春惜む日ありて尼の木魚哉 漱石

枳殻の芽を吹く垣や春惜む 漱石

鎌倉へ下る日春の惜しき哉 漱石

春惜む同じ心の二法師 鬼城

春惜む心に暗し牡丹の絵 石鼎

雨降りて春惜む眉静かなり 草城

惜春やことば少なき夫とゐて 鷹女

九品仏迄てくてくと春惜む 茅舎

草堤に坐しくづをれて春惜しむ たかし

春の日 日永 麗らか 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 花の雲 花見 遅桜 桜鯛 春の海 春の潮 汐干 桜貝 金鳳花 桜草 ヒヤシンス 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図