春の夕

家持
春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影にうぐひす鳴くも

家持
我がやどのい笹群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも

西行
ながめつるあしたの雨の庭の面に花の雪しく春の夕暮

定家
年ふともわすれむものか神風やみもすそがはの春のゆふぐれ

定家
かげたえて下行く水もかすみけり浜名のはしの春のゆふぐれ

実朝
ながめつつおもふもかなし帰る雁ゆくらむかたの夕暮れの空

等閑に香かく春の夕かな 蕪村

春の夕たへなむとする香をつぐ 蕪村

端守の銭かぞへけり春夕 召波

うつくしき春の夕や人ちらほら 子規

何として春の夕をまぎらさん 子規

子規
一人ゐる春の夕の醉ざめに茶をかぐわしみよき菓子くひけり

鳩の糞春の夕の絵馬白し 漱石

うたた寐に風引く春の夕哉 子規

晶子
経はにがし春のゆふべを奧の院の二十五菩薩歌うけたまへ

晶子
そと祕めし春のゆふべのちさき夢はぐれさせつる十三絃よ

晶子
春ゆふべそぼふる雨の大原や花に狐の睡る寂光院

牧水
仁和寺の松の木の間をふと思ふうらみつかれし春の夕ぐれ

晶子
かけひより青銅の壼に水おつる音をおもひぬ春の夕ぐれ

晶子
七つの子かたはらに来てわが歌をすこしづつ読む春の夕ぐれ

晶子
浅みどり柳の枝の中行ける紺のきものの春の夕ぐれ

啄木
宗次郎に おかねが泣きて口説き居り 大根の花白きゆふぐれ

春の日 日永 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 花の雲 花の雨 花見 遅桜 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図