和歌と俳句

金鳳花

迢空
草のなか 光りさだまるきんぽうげ。いちじるしもな。花 群れゆらぐ

迢空
きんぽうげ さわだつ花はほのかなれど、ただここもとに、ま昼日は照る

迢空
きんぽうげ、むらむら黄なり。風のむた その花ゆらぐ。いろひ かげろひ

迢空
草かげに、九品仏はいましつれ。現しくゆれて、きんぽうげの花

金鳳華咲きつつ蝌蚪は尾を消せり 禅寺洞

あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ 山頭火

きんぽうげ、むかしの友とあるく 山頭火

水引いて畦縦横や金鳳華 石鼎

金鳳華神婢嬰児の墓に咲きぬ 誓子

だんだんに己れかがやき金鳳華 汀女

大宰府の畦道潰えきんぽうげ 青邨

夕方の明るき花に金鳳華 立子

山羊の子がしきりにはねる金ぽうげ 虚子

金鳳華踏絵も光さびにけり 秋櫻子

臀並べたる女流らよ金鳳華 波郷

島の陽の刻々強し金鳳華 汀女