辛夷 こぶし

梢ふむ道に辛夷の白きかな 白雄

律院の松亭々と辛夷かな 碧梧桐


たらの木のもゆらくしるく我が藪の辛夷の花は散りすぎにけり

舊山廬訪へば大破や辛夷咲く 蛇笏

韮萌ゆる畑見つゝ来れば辛夷哉 碧梧桐

赤彦
国境とほのぼり来し野の上にほかり白きは辛夷の花か

茂吉
見はるかす山腹なだり咲きてゐる辛夷の花はほのかなるかも

四つ目垣茶室も見えて辛夷哉 漱石


楢の木の枯木の中に幹白き辛夷はなさき空蒼く濶し

赤彦
枯芝原よべ降りし雪のとけしかば辛夷の花は雫してあり

牧水
君が背に辛夷白花咲き枝垂れその花を背に君はまだ酔はず

牧水
春はやく匂ひ出でたる白花の辛夷の枝の垂りのよろしも

赤彦
産土神の杉の木立にはさまれる辛夷樹の花はおくれて咲けり

千樫
道入れる雑木林にひともとの辛夷白花にほひてありけり

風落つるさまなき夕日照る辛夷 亜浪

湖と共に曇りし辛夷かな 喜舟

ほのめきてよそ木のひまの辛夷かな 風生

初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 蝌蚪 花の雲 花見 遅桜 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図