暮春 暮の春

好忠
梅津川春の暮にぞなりにける瀬々の井堰にせきも止めなむ

俊頼
わが宿をいとふかとこそおもひつれ野辺にもけふぞ春は暮れける

千載集 崇徳院
花は根に鳥は古巣に帰るなり春のとまりを知る人ぞなき

千載集 式子内親王
ながむれば思ひやるべきかたぞなき春のかぎりの夕暮の空 

千載集 藤原隆季
暮れてゆく春はのこりもなきものををしむ心のつくせざるらん

千載集 源雅道
入り日さす山のはさへぞうらめしき暮れずは春の帰らましやは

千載集 覚忠
をしめどもかひもなぎさに春暮れて波とともにぞ立ち別れぬる

新古今集 大僧正行尊
木の下のすみかも今は荒れぬべし春し暮れなば誰か訪ひこむ

新古今集 寂蓮法師
暮れて行く春のみなとは知らねども霞に落つる宇治のしば舟

新古今集 藤原伊綱
来ぬまでも花ゆゑ人の待たれつる春も暮れぬとみ山辺の里

新古今集 俊成女
いそのかみふるのわさ田をうちかへし恨みかねたる春の暮かな

新古今集 後鳥羽院宮内卿
柴の戸をさすや日かげのなごりなく春暮れかかる山の端の雲

良経
山里の人もこずゑに春暮れて浅茅がすゑに花はうつりぬ

定家
くれぬなりあすも春とはたのまぬに猶のこりける鳥のひとこゑ

良経
行きてみむと思ひし程に津の國の難波の春も今日くれぬなり

実朝
ながめこし花もむなしく散りはててはかなく春の暮れにけるかな

定家
散る花の雲の林もあれはてて今はいくかの春も残らじ

定家
忘られぬやよひの空のうらみより春のわかれぞ秋にまされる

定家
けふはなほ霞をしのぐ友ぶねの春のさかひを忘れずもがな

初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 花の雲 花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 金鳳花 ヒヤシンス 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図