和歌と俳句

薊の花

石原やくねりしまゝの花あざみ 白雄

富士に在る花と思へば薊かな 虚子

麦やせをおろそかに畑薊かな 碧梧桐

森の神泉におはす薊かな 蛇笏

林沼の日の静かさや花あざみ 蛇笏

大原女の三人休む薊かな 喜舟

朧夜の色つくり居る薊かな 石鼎

蓑をきて曳きずり行く児畔薊 泊雲

軛つけて草はむ牛や畔薊 泊雲

市に得し薊の花の小さき紅 石鼎

畔薊ぬぎ揃へある草履かな 泊雲

蓑しひて憩ひ煙草や畔薊 泊雲

ふれてみしあざみの花のやさしさよ 立子

あざみあざやかにあさのあめあがり 山頭火

花あざみ露珊々と葉をのべぬ 蛇笏

道のべにみづく墓ある薊かな 月二郎

泣きじやくる赤ん坊薊の花になれ 鳳作

双眼鏡遠き薊の花賜る 誓子

薊咲き下田通ひの船がゆく 亞浪

妻が持つ薊の棘を手に感ず 草城

けふもまたなまじ天気のあざみかな 万太郎

志度寺へ三里とききしあざみかな 万太郎

森にゐて薊は白毛飛ばすなり 鷹女

低咲きの岬の薊大海原 誓子

薊咲き墓も息づく山の雨 秋櫻子

くもり来しひかりのなかの薊かな 万太郎

ゆふかぜにゆるるをさなき薊かな 万太郎

歩みつづけて胸挿しの薊萎え 誓子

富士颪薊に絮を残さざる 誓子