和歌と俳句

山口誓子

風邪の咳直ぐ聖堂の穹窿に昇る

膝冷えて聖書読めざる子も俯向く

頌め歌もなく聖堂の寒さ凝る

墓が寝し直ぐの地面に朱欒落ち

枯れし苑磔刑の釘錆流す

聖霊を燃ゆる煖炉の裡にも見る

聖霊の御名に由り石炭を焚き添ふる

長崎の寒焼さめて旅も終り

新入生靴むすぶ顔の充血する

双眼鏡遠きの花賜る

絨毯を除れば海より夏来る

土堤の駅五月伊豆に入らむとす

風噪ぐ五月珊珊と部屋の鍵

巌にゐて蠅も鉄色よき五月

麦の秋雀等海に出てかへす

梅雨のあと蟻すれちがひなほ湿地

夏雲の壮子時なるを見て泪す

プールの夜箱根足柄雷わたる

足摺りて雷も怒りし今日その日

激雷の戦ふ国土なきまでに

訣れ来て舷の水母なほ尽きず

わが旅の舷の水母をさし覗く

夏を痩せ棚高き書に爪立つも

の羽瑞瑞し魄のなきいまも

ひとり膝を抱けば秋風また秋風