和歌と俳句

山口誓子

聖病院夏の夜あけに子を賜ふ

髪黒く戦の夏の夜に生る

鶏頭の矮醜なるにちかづきゆく

秋風に歯牙なき口のひた泣ける

秋風に舌を扁く児が泣けり

雪の富士墳墓かたまる上に聳つ

冬の航木箱を海に棄てて去る

寒港に船騒然と湯を棄つる

七高の正月休む城の垣

火口湖が白き氷盤となれるのみ

大日輪霧氷を折りて手にかざす

雪嶺見る薄き草履を天守に履き

雪嶺見る睫毛天守に瞬き

夏野ゆき機翼の黒き翳に入る

緑蔭をなす夾竹桃花に満ち

終の駅夜涼遠近の区にネオン

駅の声夜涼に絶えていつか寝る

静臥椅子秋風の書に指挿む

ながく啼けり静臥のけふ終る

冬煖し汽車白煙を頭上にす

城を鎖し冬の日城の河に没る

餞と寒き月下に火を噴ける

羅紗の襟厚く真冬に向ひたり

冬天に子等の喚声一郭なす

兵起す喇叭ぞ鹿児島に雪降れり

知恵きざし牛乳飲みつつも雪を見る

外套の釦あたらし溶岩に落ち

鰤を担き海と別るる切通