和歌と俳句

山口誓子

いづこにも衰老のゐて日向ぼこ

わが友の来るも帰るもの伊賀

寒餅を切るか鈍重なる音す

墓山に厚き氷を凝らしめ

オリオンの角婚礼の夜は暖し

うしろ手に春の夕日のさしをるか

春の昼坂も焦土として下る

春昼の焦土の繁華知人なし

陽炎が鉄路の果を見せしめず

海苔乾場透きとほる火焚きはじむ

海苔粗朶の暮るる方よりひとひとり

春の日やポストのペンキ地まで塗る

月はなほ光放たず藤の房

大河に逆浪たちて咲けり

げぢげぢよ誓子嫌ひを匐ひまはれ

万緑やわが掌に釘の痕もなし

蟻地獄砂の切口あざやかに

房を寸断にせし子と帰る

行く雁の啼くとき宙の感ぜられ

やさしさは殻透くばかり蝸牛

顎をひきしめて田鋤の馬すすむ

田を鋤ける牛や角より行きちがふ

脂粉なき少女とともに蛍狩

獲て少年の指みどりなり

いなびかり終に子のなき閨照らす