暖か ぬくし

あたたかな雨が降るなり枯葎 子規

あたたかに白壁ならぶ入江かな 子規

赤飯の湯気あたたかに野の小店 子規

暖かや蕊に蝋塗る造り花 龍之介

人寄せの大地に描く暖き 虚子

維好日日あたたかに風さむし 虚子

暖かや首のべて駱駝うづくまる 亞浪

萱の根の甘さ噛み居る暖かき 亞浪

暖き乗合舟や菅の笠 碧梧桐

夜明けから雀が鳴いて暖かき 亞浪

石蹴りの筋引いてやる暖かき 亞浪

暖かや筆ころがして詩眠る 喜舟

掌にとつて草葉のうごく暖かき 亞浪

耕平
にはたづみ溢るる見ればこの朝の雨暖かくなりにけるかも

耕平
海原を吹き来る風は暖かしたちまちにして木の芽ひらくも

暖かや飴の中から桃太郎 茅舎

恩を謝し怨を忘れあたたかし 風生

暖かく掃きし墓前を去りがたし 蛇笏

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内