菫 すみれ

新古今集・雑歌 能因法師
いそのかみふりにし人をたづぬれば荒れたる宿に菫摘みけり

俊頼
わぎもこが花の袂をかたみにてつめる菫ぞ心してみよ

俊頼
たれと見てしのびかはさんつれづれと来し雨降りて菫咲く野を

俊成
すみれさく浅茅が原に分けきてもただひた道にものぞ悲しき

俊成
紫の根はふよこ野のつぼすみれま袖につまむ色もむつまし

西行
あとたえて淺茅しげれる庭の面に誰分け入りてすみれつみけむ

西行
誰ならむあら田のくろに菫つむ人は心のわりなかりけり

定家
故郷のあれ行くにはのつぼすみれただこれのみや春を知るらむ

定家
春雨のふる野の道のつぼすみれ摘みてをゆかむ袖はぬるとも

俊成
み熊野のはまゆふかげに咲くすみれ重ねて色のむつまじきかな

俊成
すみれさくとほさと小野の朝露に濡るとも摘まむ旅のかたみに

俊成
すみれ咲く浅茅が庭は踏み分けて訪ふ人なきもさもあらばあれ

俊成
松かげに咲ける菫は藤の花ちりしく庭と見えもするかな

実朝
浅茅原ゆくゑもしらぬ野辺にいでてふるさと人はすみれつみけり

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内