帰る雁

家持
燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴く

古今集 躬恒
春くればかへるかりなり白雲の道行きぶりに言やつてまし

古今集 伊勢
春霞たつを見すててゆくかりは花なき里に住みやならへる

拾遺集 よみ人しらず
見れどあかぬ花のさかりに帰る雁猶ふるさとの春やこひしき

拾遺集 よみ人しらず
ふるさとの霞とびわけゆくかりは旅の空にや春をくらさむ

好忠
かりがねぞ鳴き帰るなるよのなかを憂しと見ながら今は厭はじ

好忠
かりがねぞ霞をわけて帰るなる来む秋までに我身いかにぞ

源氏物語・須磨
故郷を何れの春か行きて見ん羨ましきは帰るかりがね

後拾遺集 赤染衛門
かへるかり雲井はるかになりぬなりまたこむ秋も遠しとおもふに

後拾遺集 藤原道信朝臣
行き帰る旅に年ふるかりがねはいくその春をよそにみるらむ

後拾遺集 馬内侍
とどまらぬ心ぞ見えむ帰るかり花のさかりを人にかたるな

後拾遺集 津守国基
うすずみにかく玉づさと見ゆるかな霞める空にかへるかりがね

後拾遺集 弁乳母
をりしもあれいかにちぎりてかりがねの花の盛りに帰りそめけむ

経信
古里とあはれいづくを定めてか秋こしかりのけふ帰るらむ

金葉集 藤原経通
今はとて越路に帰る雁がねは羽もたゆくや行きかへるらむ

金葉集 藤原成通朝臣
聲せずはいかで知らまし春霞へだつる空に帰る雁がね

詞花集 贈左大臣長実母
ふるさとの花のにほひやまさるらむしづ心なく帰る雁かな

詞花集 源忠季
なかなかに散るをみじとや思ふらむ花のさかりに帰る雁がね

千載集 俊頼
春くればたのむの雁も今はとて帰る雲路に思ひ立つなり

千載集 良経
ながむればかすめる空の浮雲とひとつになりぬ帰る雁がね

千載集 頼政
天つ空ひとつに見ゆる越の海の波を分けても帰るかりがね

千載集 祝部宿禰成仲
帰る雁いく雲居とも知らねども心ばかりをたぐへてぞやる

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図