和歌と俳句

凡河内躬恒

古今集・春
春くればかりかへるなり白雲の道行きぶりに言やつてまし

古今集・春
月夜にはそれとも見えず梅の花香をたづねてぞ知るべかりける

古今集・春
春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えね香やはかくるる

古今集・春
我がやどの花みがてらにくる人はちりなむ後ぞこひしかるべき

古今集・春
雪とのみふるだにあるを桜花いかにちれとか風のふくらん

古今集・春
みれば心さへにぞうつりける色にはいでじ人もこそ知れ

古今集・春
しるしなきねをもなくかな のことしのみちる花ならなくに

古今集・春
わがやどにさける藤波たちかへりすぎがてにのみ人の見るらん

古今集・春
梓弓春たちしより年月の射るがごとくもおもほゆるかな

古今集・春
とどむべきものとはなしにはかなくもちる花ごとにたぐふ心か

古今集・夏
郭公こゑもきこえず 山彦は 外になく音をこたへやはせぬ

古今集・夏
郭公 我とはなしに 卯の花のうき世の中に鳴きわたるらん

古今集・夏
ちりをだにすゑじとぞ思ふ 咲きしより 妹とわが寝るとこなつの花

古今集・夏
夏と秋と行きかふそらの通路は かたへすゞしき風やふくらん

古今集・秋
年ごとにあふとはすれど織女の寝るよの数ぞすくなかりける

古今集・秋
織女にかしつる糸のうちはへて年の緒ながく恋ひやわたらん

古今集・秋
かくばかり惜しと思ふ夜をいたづらに寝であかすらん人さへぞうき

古今集・秋
うきことを思ひつらねてかりがねのなきこそわたれ秋の夜な夜な

古今集・秋
秋萩の古枝にさける花みれば本の心はわすれざりけり

古今集・秋
つまこふる鹿ぞなくなる女郎花おのがすむ野の花と知らずや

古今集・秋
心あてに 折らばや折らん 初霜のおきまどはせるしらぎくの花

古今集・秋
風ふけば落つるもみぢば水きよみちらぬ影さへ底に見つ ゝ

古今集・秋
立ちとまり見てを渡らんもみぢばは雨とふるとも水はまさらじ

古今集・秋
道しらば尋ねもゆかんもみぢばをぬさとたむけて秋はいにけり

古今集・冬
雪ふりて人もかよはぬ道なれやあとはかもなく思ひきゆらん

古今集・冬
わがまたぬ年はきぬれど冬草のかれにし人はおとづれもせず