和歌と俳句

清原深養父(ふかやぶ)

古今集・春
花ちれる水のまにまにとめくれば山には春もなくなりにけり

古今集・夏小倉百人一首
夏の夜はまだよひながら明けぬるを雲のいづこに月やどるらん

古今集・秋
神なびの山をすぎ行く秋なればたつた川にぞぬさはたむくる

古今集・冬
冬ながら空より花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらむ

古今集・離別歌
雲ゐにもかよふ心のおくれねばわかると人に見ゆばかりなり

古今集・物名
あふからもものはなほこそ悲しけれ別れんことをかねて思へば

古今集・物名
うばたまの夢になにかはなぐさまんうつつにだにもあかぬ心を

古今集・恋
虫のごと声にたててはばかねども涙のみこそしたにながるれ

古今集・恋
人を思ふ心は雁にあらねども雲ゐにのみもなきわたるかな

古今集・恋
恋ひ死なばたが名はたたじ世の中の常なき物といひはなすとも

古今集・恋
今ははや恋ひ死なましをあひ見んと頼めしことぞ命なりける

古今集・恋
みつ潮の流れひるまをあひがたみみるめの浦によるをこそ待て

古今集・恋
心をぞわりなき物と思ひぬる見るものからや恋しかるべき

古今集・恋
恋しとはたが名づけん言ならん死ぬとぞただにいふべかりける

古今集・雑歌
光なき谷には春もよそなれば咲きてとくちるもの思ひもなし

古今集・雑躰俳諧歌
冬ながら春の隣の近ければ 中垣よりぞ花はちりける

後撰集・春
うちはへて春はさばかりのどけきを花の心やなにいそぐらん

後撰集・秋
いく世へてのちかわすれん散りぬべき野辺の秋萩みがく月夜を

後撰集・秋
秋の海にうつれる月を立ちかへり浪はあらへど色もかはらず

後撰集・秋
きえかへり物思ふ秋の衣こそ涙の河の紅葉なりけれ

後撰集・恋
空蝉のむなしきからになるまでも忘れんと思我ならなくに

拾遺集・秋
河霧のふもとをこめて立ちぬれば空にぞ秋の山は見えける

新古今集・秋
鳴く雁のねをのみぞ聞く小倉山霧たちはるる時しなければ

新古今集・恋
煙立つおもひならねど人知れずわびては富士のねをのみぞなく

新古今集・恋
うらみつつ寝る夜の袖の乾かぬは枕のしたに潮や満つらむ

新古今集・恋
嬉しくば忘るることもありなましつらきぞ長き形見なりける