和歌と俳句

藤原義孝

拾遺集・雑秋
秋風よたなばたつめに事とはんいかなる世にかあはんとすらん

拾遺集・雑賀
つらからば人にかたらむしきたへの枕かはしてひとよねにきと

拾遺集・雑賀
あやしくもわが濡れ衣をきたるかなみかさの山を人にかられて

後拾遺集・春
野辺みれば弥生の月のはつるまでまだうら若きさいたづまかな

後拾遺集・春
わぎもこが紅染めの色とみてなづさはれぬる岩つつじかな

後拾遺集・哀傷
今はとてとびわかるめるむら鳥の古巣にひとりながむべきかな

後拾遺集・哀傷
しかばかり契りしものをわたり川かへるほどには忘るべしやは

後拾遺集・哀傷
時雨とは千草の花ぞ散りまがふなにふるさとに袖ぬらすらむ

後拾遺集・哀傷
着てなれし衣の袖もかわかぬに別れし秋になりにけるかな

後拾遺集・恋小倉百人一首
君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな

後拾遺集・雑歌
ならされぬ みそののうりと しりながら よひあかつきと たつぞ露けき

後拾遺集・雑歌
み山木をねりぞもてゆふしづのをは猶こりずまの心とぞみる

後拾遺集・俳諧歌
忘れてもあるべきものをこの頃の月夜よいたく人なすかせそ

詞花集・雑歌
ゆふまぐれ 木繁き庭を ながめつつ 木の葉とともに おつるなみだか

新古今集・恋
白雲のみねにしもなど通ふらむ同じみかさの山のふもとを

新古今集・恋
いつまでの命も知らぬ世の中につらき歎きのやまずもあるかな

新勅撰集・恋
ひとしれぬ こころひとつに なげきつつ つげのをぐしぞ さすそらもなき