和歌と俳句

藤原雅経


新古今集・春
白雲の たえまになびく あをやぎの 葛城山に 春風ぞ吹く

新古今集・春
岩根ふみ かさなる山を 分けすてて 花もいくへの あとのしらくも

新古今集・春
尋ね来て 花にくらせる 木の間より 待つとしもなき 山の端の月

新古今集・春
花さそふ なごりを雲に 吹きとめて しばしはにほへ 春の山風

新古今集・夏
野邊はいまだ 浅香の沼に 刈る草の かつみるままに 茂る頃かな

新古今集・秋
昨日まで よそにしのびし 下荻の すゑ葉の露に あき風ぞ吹く

新古今集・秋
たへてやは 思ひありとも いかがせむ むぐらのやどの 秋のゆふぐれ

新古今集・秋
はらひかね さこそは露の しげからめ 宿るか月の 袖のせばきに

新古今集・秋
みよし野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く ころもうつなり

新古今集・冬
移りゆく雲にあらしの声すなり散るかまさ木のかづらきの山

新古今集・冬
秋の色をはらひはててやひさかたの月の桂に木枯しの風

新古今集・冬
影とめし露のやどりを思ひ出でて霜にあととふ浅茅生の月

新古今集・冬
はかなしやさても幾夜か行く水に數かきわぶるのひとり寝

新古今集・羇旅
ふるさとの今日のおもかげさそひ来と月にぞ契る小夜の中山

新古今集・羇旅
白雲のいくへの峯を越えぬらむ馴れぬあらしに袖をまかせて

新古今集・羇旅
いたづらに立つや浅間の夕けぶり里とひかぬるをちこちの山

新古今集・恋四
草枕結びさだめむかた知らずならはぬ野邊の夢の通ひ路

新古今集・恋四
見し人のおもかげとめよ清見潟そでにせきもる浪のかよひぢ

新古今集・雑歌
馴れ馴れて見しはなごりの春ぞともなどしらかはの花の下蔭

新古今集・雑歌
かげやどす露のみしげくなりはてて草にやつるるふるさとの月

新古今集・雑歌
君が代に逢へるばかりの道はあれど身をば頼まず行く末の空

新勅撰集・夏
なにはめが すくもたくひの ふかき江に うへにもえても ゆくほたるかな

新勅撰集・秋
あきはけふ くれなゐくくる たつた河 ゆくせのなみも いろかはるらん

新勅撰集・冬
かりごろも すそのもふかし はしたかの とかへるやまの みねのしらゆき

続後撰集・春
久かたの 天の岩戸の むかしより あくればかすむ 春はきにけり

続後撰集・春
かすみゆく 日影は空に かげろふの もゆる野原の 春のあはゆき

続後撰集・夏
里とほき たなかのもりの 夕日影 うつりもあへず とる早苗かな

続後撰集・夏
みつしほの からかの島に 玉藻かる あままもみえぬ さみだれのころ

続後撰集・夏建保四年百首歌
夏ふかき 沢辺にしげる かりこもの 思ひみだれて ゆく螢かな

続後撰集・秋建保二年内裏秋十首歌合
今よりの 萩の下葉も いかならむ まづいねがての 秋風ぞふく

続後撰集・秋
しぐれゆく 雲のはたての をりからや 山の錦も 色まさるらむ