和歌と俳句

九条道家

新勅撰集・春
むめがかも あまぎるつきに まがへつつ それとも見えず かすむころかな

新勅撰集・春
まがふとも くもとはわかん たかさごの をのへのさくら いろかはりゆく

新勅撰集・春
たちかへる はるのいろとは うらむとも あすやかたみの いけのふぢなみ

新勅撰集・夏
けふよりは なみにおりはへ なつごろも ほすやかきねの たまがはのさと

新勅撰集・夏
ふかき江に けふあらはるる あやめ草 としのをながき ためしにぞひく

新勅撰集・夏
よしのがは かはなみはやく みそぎして しらゆふはなの かずまさるらし

新勅撰集・秋
むら雲の みねにわかるる あととめて やまのはつかに いづる月かげ

新勅撰集・秋
おきまよふ しのの葉ぐさの 霜のうへに よをへて月の さえわたるかな

新勅撰集・冬
いはたたく たぎつかはなみ おとさえて たにのこころや 夜ざむなるらん

新勅撰集・冬
年さむき まつのこころも あらはれて はなさくいろを 見するゆきかな

新勅撰集・冬
いるひとの おとづれもせぬ しらゆきの ふかきやまぢを いづる月かげ

新勅撰集・冬
くれやすき ひかずもゆきも ひさにふる みむろのやまの まつのしたをれ

新勅撰集・賀
つるの子の 又やしはごの すゑまでも ふるきためしを わがよとや見む

新勅撰集・賀
はつはるの 花のみやこに まつうゑて たみのととめる ちよぞしらるる

新勅撰集・賀
いまぞこれ いのりしかひよ かすがやま おもへばうれし さをしかのこゑ

新勅撰集・賀
わがやどの ひかりを見ても くもうへの 月をぞいのる のどかなれとは

新勅撰集・賀
としあれば あきのくもなす いなむしろ かりしく民の たたぬひぞなき

新勅撰集・恋
わがこひの もえてそらにも まがひなば ふじのけぶりと いづれたかけん

新勅撰集・恋
みるとなき やみのうつつに あくがれて うちぬるなかの ゆめやたえなん

新勅撰集・恋
わくらばに あふさかやまの さねかづら くるをたえずと たれかたのまむ

新勅撰集・恋
むさしのや ひとのこころの あさつゆに つらぬきとめぬ そでのしらたま

新勅撰集・恋
なみだがは になわのそでに せきかねて ひとのうきせに くちやはてなん

新勅撰集・恋
うしとおもふ ものからぬるる そでのうら ひだりみぎにも なみやたつらん

新勅撰集・恋
めのまへに かぜもふきあへず うつりゆく こころのはなも いろはみえけり

新勅撰集・恋
かはなみを いかがはからん ふなびとの とわたるかぢの あとはたえねど

続後撰集・春
春もなほ 雪はふれれど あしひきの 山のかひより かすみたつらし

続後撰集・春
うちきらし なほ風さむし いそのかみ ふるの山辺の 春の淡雪

続後撰集・春
かすみしく 荻のやけはら ふみわけて たがため春の 若菜つむらむ

続後撰集・春
このねぬる 朝けの風も 心あらば 花のあたりを よきて吹かなむ

続後撰集・春
ふりにける 跡だにつらき 春風に 志賀の花園 あれまくもをし

続後撰集・秋
あまの川 水かけ草の 露のまに たまたまきても あけぬこのよは

続後撰集・秋
雲かかる こづゑいろづく 初瀬山 しぐれや秋の 錦おるらし

続後撰集・冬
手向山 もみぢのぬさは ちりにけり 雪のしらゆふ かけぬ日ぞなき

続後撰集・釈経
ふたつなき 心は何か いとふべき まどひのほかの さとりならねば

続後撰集・釈経
ふるさとに のこるはちすは あるじにて やどる一夜に 花ぞひらくる

続後撰集・恋
かけてだに しらじなよその おもひ川 うかぶみなわの きえわたるとも

続後撰集・恋
笛竹の 伏見の里の すが莚 ねにのみなきて ひとりかもねむ