和歌と俳句

待賢門院堀河 前斎院六条

金葉集・夏
宿近く しばしかたらへ ほととぎす 待つ夜の數の 積もるしるしに

金葉集・秋
雲の波 かからぬ小夜の 月影を 清瀧川に やどしてぞ見る

金葉集・秋
露しげき 野邊にならひて きりぎりす 我が手枕の 下に鳴くなり

金葉集・冬
なかなかに 霜のうはぎを 重ねてや 鴛鴦の毛衣 さえまさるらむ

金葉集・恋
行方なく かきこもるにぞ 引きまゆの いとふ心の 程は知らるる

金葉集・恋
逢ふことを とふ石神の つれなさに 我が心のみ 動きぬるかな

詞花集・夏
昆陽の池に おふるあやめの ながき根は ひく白糸の 心地こそすれ

詞花集・雑歌
あだ人は しぐるる夜半の 月なれや すむとてえこそ 頼むまじけれ

千載集・春
雪ふかき 岩のかけ道 あとたゆる 吉野の里も 春はきにけり

千載集・春
ときはなる 松もや春を 知りぬらん 初子をいはふ 人にひかれて

千載集・春
いづかたに 花咲きぬらんと 思ふより よもの山辺に 散る心かな

千載集・春
白雲と 峯のさくらは 見ゆれども 月のひかりは へだてざりけり

千載集・秋
秋の来る けしきの森の 下風に 立ちそふものは あられなりけり

千載集・秋
はかなさを 我が身のうへに よそふれば たもとにかゝる 秋の夕露

千載集・秋
さらぬだに ゆふべさびしき 山里の 霧のまがきに を鹿啼くなり

千載集・羈旅
道すがら 心も空に ながめやる みやこの山の 雲がくれぬる

千載集・恋
荒磯の 岩にくだくる 浪なれや つれなき人に かくる心は

千載集・恋小倉百人一首
ながからむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ

千載集・恋
憂き人を 忍ぶべしとは 思ひきや 我が心さへ など変るらん

千載集・雑歌
のこりなく わが世ふけぬと おもふにも かたぶくに すむ心かな

千載集・雑歌・物名 きりきりす
秋は霧きりすぎぬれば雪降りて晴るるまもなきみ山べの里

千載集・雑歌・俳諧歌
逢ふことの歎きのつもる苦しさを負へかし人のこりはつるまて

新古今集・秋
たなばたの あふ瀬絶えせぬ 天の河 いかなる秋か 渡り初めけむ

新古今集・釈経
西へゆくしるべとおもふ月影の空だのめこそかひなかりけれ

新勅撰集・春
しもがれは あらはに見えし あしのやの こやのへだては かすみなりけり

新勅撰集・恋
かくとだに いはぬにしげき みだれあしの いかなるふしに しらせそめまし

新勅撰集・恋
そでぬるる 山井のしみづ いかでかは ひとめもさらで かげを見るべき

新勅撰集・恋
ゆめのごと みしはひとにも かたらぬに いかにちがへて あはぬらるらん

新勅撰集・恋
うたがひし こころのうらの まさしさは とはぬにつけて まづぞしらるる

続後撰集・春
花さかぬ こずゑは春の 色ながら 桜をわきて ふれる白雪

続後撰集・夏
まつほどに おどりやはする ほととぎす ただひとこゑの あかぬつらさは

続後撰集・冬
白雪の つもれる年を かぞふれは わが身も共に ふりにけるかな

続後撰集・恋
友こふる とほやま鳥の ます鏡 みるになぐさむ 袖のはかなさ

続後撰集・恋
おもひやる 心つくしの はるけさに いきの松こそ かひなかりけれ