和歌と俳句

清滝川

古今集・雑歌 神たい法師
清滝のせゞの白糸くりためて 山わけごろも織りて着ましを

金葉集・秋 前齋院六條
雲の波 かからぬ小夜の 月影を 清瀧川に やどしてぞ見る

国信
いはねこす 清滝川の はやければ 波おりかくる 岸の山吹

俊頼
紅葉散る 清滝川に 舟出して 名に流れたる 月をこそ見れ

千載集・秋 俊成
いしばしる水の白玉かず見えて清滝川に澄める月かげ

千載集・雑歌 俊恵
筏おろす 清滝川に すむは さをにさはらぬ こほりなりけり

新古今集・春 西行
降りつみし高嶺のみ雪とけにけり清瀧川の水のしらなみ

新古今集・春 権中納言國信
岩根越すきよたき川のはやければ波をりかくるきしの山吹

良経
山ふかき水のみなかみこほるらし清瀧川の音のともしき

良経
こほりゐし水のしらなみ岩こえて清瀧川に春風ぞ吹く

新古今集・冬 良経
水上やたえだえこほる岩間より清瀧川に残るしらなみ

雅経
いしはしる 清滝川に たまちりて むすびかねたる 薄氷かな

定家
音まがふこのはしぐれをこきまぜていはせに染むる清瀧の糸

定家
秋のみづ清瀧河のゆふ日かげこのはもうかずくもるばかりは


芭蕉
清滝や波に散込青松葉

芭蕉
清滝の水くませてやところてん

其角
清滝や渋柿さはす我心



栂尾の槭は青き秋風に清瀧川の瀬をさむみかも

晶子
ほととぎす嵯峨へは一里京へ三里水の清滝夜の明けやすき

晶子
清滝の水ゆく里は水晶の舟に棹して秋姫の来る

憲吉
高雄寺の目したはふかき谷となり清瀧川のあるがうれしき

憲吉
栂の尾を高尾へかへる日の暮れは清瀧川の音のさやけさ

霧断れて清滝川が見ゆるとき 草城