和歌と俳句

嵐山

拾遺集・秋 公任
朝まだき嵐の山の寒ければ紅葉の錦着ぬ人ぞなき

経信
心せよもみぢの船のふなさしも嵐の山のわたりわたらば

俊恵
けふ見れば 嵐の山は 大井河 紅葉吹きおろす 名にこそありけれ

西行
いつか又めぐり逢ふべき法の輪の嵐の山を君し出でなば

新古今集 藤原輔尹朝臣
おもふことなくてぞ見ましもみぢ葉をあらしの山の麓ならずは

定家
のこる色もあらしの山の神無月ゐせきの浪におろすくれなゐ

定家
吹きさらふもみぢの上の霧はれて嶺たしかなるあらし山かな

実朝
春ふかみあらしの山のさくらばなさくと見しまに散りにけるかな


芭蕉
嵐山藪の茂りや風の筋

芭蕉
六月や峯に雲置あらし山

去来
主やこずゑは近きあらし山

土芳
なく鹿やいくつ今宵のあらし山

涼菟
青柳や雲にながるゝあらし山

涼菟
流るゝか雲にのあらし山

蕪村
筏士の簑やあらしの花衣

暁台
けふ来ずばきのふの花のあらし山

暁台
恋々とはなにしづめり嵐山

暁台
みどり長く夕雨廻るあらし山

青蘿
花にさはぐ都の人よあらし山

青蘿
はな散りて三日月高し嵐山


一葉
月かげは空に残りて嵐山花の香深きあかつきのそら

一葉
あらし山ふもとの寺のかねの音に暮るる紅葉のかげぞさびしき

晶子
あらし山雨の戸出でて大きなる舟に人まつただひとりかな

晶子
あらし山名所の橋のはつ雪に七人わたる舞ごろもかな

京の画に朱砂して押しぬあらし山蘆手ほどよく歌かき給へ 晶子

いただきの松に雪ふるあらし山春の初めに君と見るかな 晶子

頂にありあけ月の残りたるいとほのかなる嵐山かな 晶子

山影をかぶりて川面花の冷 泊雲

落葉焚く煙の中を人去来 泊雲

一人離れて筏とびゆく納涼かな 泊雲

嵐山の木の間木の間や冬霞 泊雲

竹藪を外れての嵐山 虚子

冬晴やさびしくなりし嵐山 草城

去来忌や旦暮に存す嵐山 草城

水べりに嵐山きて眠りたり 夜半

嵐山のおもてに夏の雨うごく 草城


衣笠丘 金閣寺 御手洗川 嵯峨 徒し野 大原 寂光院 大堰川 桂川 清滝 仁和寺 御室 鞍馬 広沢の池 糺すの森 白川 音羽山 清水 銀閣寺 知恩院 東山 如意ヶ嶽 加茂川 大江山 小塩山 伏見 岩田の森 深草 宇治 宇治川 石清水 泉川 甕の原 柞の森 由良 天の橋立 与謝の海 井手
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句