和歌と俳句

泉川

古今集・羇旅歌 よみ人しらず
宮こいでてけふみかのはら いづみ川 川かぜさむし衣かせ山

拾遺集・神楽歌 平兼盛
泉河のどけき水の底見れば今年は影ぞ澄みまさりける

千載集・冬 藤原仲実
泉河 水のみわたの ふしづけに 柴間のこほる 冬は来にけり

千載集・哀傷歌 範玄
何事のふかき思ひに泉川そこの玉藻としづみはてけん

新古今集・恋小倉百人一首 藤原兼輔
みかの原わきて流るるいづみ河いつ見きとてか恋しかるらむ

俊成
をりごとに思ひぞいづる泉川つきをまちつつ渡りしものを

定家
泉河かはなみ清くさす竿のうたかた夏をおのれけちつつ

定家
いづみ川日もゆふぐれのこま錦かたえおち行く秋のもみぢば

定家
いづみ川ゆききの舟はこぎ過ぎてははその杜に秋ややすらふ

甕の原

定家
みかのはらくにのみやこの山こえてむかしやとほきさをしかのこゑ

柞の杜 ははそのもり


松もおひ野山もときは秋くれどははその紅葉てるとやはきく

後拾遺集 堀河右大臣頼宗
いかなればおなじ時雨に紅葉するははその杜の薄くこからん

俊頼
育みしこずゑさびしくなりぬらんはゝそのもりの散りゆくみれば

新古今集・秋 定家
時わかぬ浪さへ色に泉河ははそのもりにあらしふくらし

俊成
泉川ははそのかげに涼みきて秋もまだきの袖の露かな



衣笠丘 金閣寺 御手洗川 嵯峨 徒し野 大原 寂光院 大堰川 桂川 清滝 仁和寺 御室 鞍馬 広沢の池 糺すの森 白川 音羽山 清水 銀閣寺 知恩院 東山 如意ヶ嶽 加茂川 嵐山 大江山 小塩山 伏見 岩田の森 深草 笠取山 宇治 石清水 由良 天の橋立 与謝の海 井手