鹿

岡本天皇御製歌
夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寐ねにけらしも

家持
山彦の相響むまで妻恋ひに鹿鳴く山辺にひとりのみして

家持
このころの朝明に聞けばあしひきの山呼び響めさを鹿鳴くも

拾遺集 能宣
紅葉せぬときはの山に住む鹿はをのれ鳴きてや秋を知るらん

後拾遺集 能宣
秋はぎのさくにしもなど鹿の鳴くうつろふ花はおのが妻かも

後拾遺集 能因法師
秋はなほ我が身ならねど高砂のをのへの鹿の妻ぞこふらし

後拾遺集 藤原長能
宮城野に妻とふ鹿ぞさけぶなる本あらの萩に露やさむけき

後拾遺集 大弐三位
秋霧の晴れせぬみねに立つ鹿は聲ばかりこそ人にしらるれ

後拾遺集 江侍従
小倉山たちどもみえぬ夕霧に妻まどはせる鹿ぞなくなる

経信
さを鹿の聲のさやけみ聞ゆるはひとりやぬらむ小野の草臥

俊頼
秋の田の畦ふみしだき鳴く鹿は稲莚をや敷きてふすらん

俊頼
木の葉ちる嶺の嵐に夢さめて涙もよをす鹿のこゑかな

金葉集千載集 俊頼
さを鹿の啼く音は野邊に聞ゆれど涙はとこのものにぞありける

千載集 俊惠
夜をこめて明石の瀬戸を漕ぎ出ればはるかに送るさを鹿のこゑ

千載集 俊惠
よそにだに身にしむ暮の鹿の音をいかなる妻かつれなかるらん

千載集 寂蓮
尾上より門田にかよふ秋風に稲葉をわたるさを鹿の声

新古今集 家隆
下紅葉かつ散る山の夕時雨濡れてやひとり鹿の鳴くらむ

新古今集 寂蓮
野分せし小野の草ぶし荒れはててみ山に深きさをしかの聲

新古今集 俊惠
風吹く真葛が原に啼く鹿はうらみてのみや妻を恋らむ

新古今集 良経
たぐへくる松の嵐やたゆむらむ尾上にかへるさをしかのこゑ

新古今集 俊惠
立田山梢まばらになるままに深くも鹿のそよぐなるかな

俊成
世中よ道こそなけれ思ひいる山の奥にも鹿ぞなくなる

俊成
吹き迷ふ嵐にたぐふ鹿の音はひたかたならず袖ぬらしけり

俊成
やよいかにむしあけの松の風に又遙に鹿のこゑをくるなり

俊成
鳴く鹿は峰か麓かとこのやまたびの枕にこゑをくるなり

西行
晴れやらぬみ山の霧の絶え絶えにほのかに鹿の聲きこゆなり

西行
をじか鳴く小倉の山の裾ちかみただひとりすむ我が心かな

西行
萩が枝の露ためず吹く秋風にをじか鳴くなり宮城野の原

西行
よもすがら妻こひかねて鳴く鹿の涙や野邊のつゆとなるらむ

西行
たぐひなき心地こそすれ秋の夜の月すむ嶺のさを鹿の聲

定家
山里のあきねのめざめさびしきは妻とふ鹿ぞたのみなりける

定家
夢にだにつまにはあはぬさを鹿の思ひたえぬるあけぼのの聲

定家
鹿の音はつたふるをちのあはれにて宿のけしきはわれのみや見む

定家
わび人のわがやどからの松風になげきくははるさをしかのこゑ

定家
誰も聞くさぞなならひの秋の夜とひてもかなしさを鹿の声

定家
秋の野になみだはみえぬ鹿のねはわくるをがやの露をからなむ

定家
高砂の松はつれなきをのへよりおのれ秋知るさをしかのこゑ

たかさごの外にも秋はあるものをわが夕暮と鹿は鳴くなり 定家

定家
さを鹿の朝ゆく谷のたまかづらおもかげさらす妻やこふらむ

定家
甕の原くにのみやこの山こえて昔やとほきさを鹿のこゑ

実朝朝な朝な露におれふす秋萩の花ふみしだき鹿ぞなくなる

実朝
萩が花うつろひゆけは高砂のおのへの鹿のなかぬひぞなき

実朝
さを鹿のをのが住野の女郎花花に飽かずと音をやなくらむ

実朝
山田もる庵にしをれば朝な朝なたえず聞きつるさをしかのこゑ

実朝
夕されば霧たちくらしをぐら山やまのとかげに鹿ぞ鳴くなる

新勅撰集 実朝
雲のゐる梢はるかに霧こめてたかしのやまに鹿ぞ鳴くなる 

実朝
秋萩のむかしの露に袖ぬれてふるき籬に鹿ぞ鳴なる

実朝
朝まだき小野の露霜さむければ秋をつらしと鹿ぞ鳴なる

定家
長き夜にあかずや月をしたふらむ嶺ゆく鹿のありあけのこゑ

定家
秋の鹿のわが身こす浪吹く風に妻を見ぬめのうらみてぞ鳴く

定家
草も木もいろのちぐさにおりかくる野山の錦しかぞたちける

定家
山里の竹よりほかの我が友はよる鳴く鹿の庭のくさぶし

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
お得区案内図