秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

額田王
君待つと我が恋ひ居れば我がやどの簾動かし秋の風吹く

赤人
秋風の寒き朝明を佐農の岡越ゆらむ君に衣貸さましを

家持
うつせみの世は常なしと知るものを秋風寒み偲ひつるかも

家持
あしひきの山辺に居りて秋風の日に異に吹けば妹をしぞ思ふ

藤原宇合
我が背子をいつぞ今かと待つなへに面やは見えむ秋の風吹く


好忠
山城の鳥羽田の面を見わたせばほのかに今朝ぞ秋風は吹く

新古今集 好忠
秋風のよもに吹きくる音羽山なにの草木かのどけかるべき

好忠
秋風の草葉を分けて吹きくれど野べには跡も止まらざりけり

好忠
わが背子が来まさぬ宵の秋風は来ぬ人よりもうらめしきかな

好忠
秋風も吹きな破りそ我宿のあばらかくせるくもの巣がきを

詞花集 好忠
み吉野の象山かげにたてる松いく秋風にそなれきぬらむ

新古今集 匡房
妻恋ふる鹿のたちどを尋ぬればさやまが裾に秋かぜぞ吹く

経信
ひたはへてもるしめなはのたわむまで秋風ぞふく小山田の稲

経信
夕さればかど田の稲葉をとづれてあしのまろやに秋風ぞふく

千載集 俊頼
秋風や涙もよほすつまならん音づれしより袖のかわかぬ

寂蓮
月は猶もらぬ木の間もすみよしの松をつくして秋風ぞ吹く

定家
ほのぼのとわがすむ方はきりこめてあしやのさとに秋風ぞふく

定家
あはれまたけふもくれぬと眺めする雲のはたてに秋風ぞ吹く

定家
秋風よそそや荻の葉こたふとも忘れぬ心わが身やすめて

良経
人すまぬ不破の関屋の板廂あれにしのちはただ秋の風

良経
暗き夜の窓うつ雨におどろけば軒端の松に秋風ぞふく

実朝
たそがれに物思ひをれば我宿の荻の葉そよぎ秋風ぞ吹く

実朝
暮かかる夕の空をながむればこだかき山に秋風ぞふく

定家
里ごとに人なすすめそ秋のかぜ来ぬ夜うらみよ憂き身なげけと

定家
沖つ浪あさけすずしき秋風もまつのちとせぞさらにきこゆる

定家
宮城野はこの下露もほしはてて拂ひもやまぬ四方の秋風

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
お得区案内図