和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

秋風や芙蓉喰ひ居る青き虫 泊雲

人の國の牛馬淋しや秋の風 蛇笏

秋風や野に一塊の妙義山 蛇笏

秋風や猿柿に来る山鴉 石鼎

よく締まる根の元結や秋の風 淡路女

一人の強者唯出よ秋の風 虚子

秋風や眼前湧ける月の謎 蛇笏

竈火赫とただ秋風の妻を見る 蛇笏

秋風や模様のちがふ皿二つ 石鼎

秋風に殺すと来る人もがな 石鼎

己が庵に火かけて見むや秋の風 石鼎

秋風は泉に衣を揉むごとく芙蓉の花をもてあそぶかな 晶子

白砂に穴掘る小蟹ささ走り千鳥も走り秋の風吹く 牧水

千仭の岩に蔦なし秋の風 泊雲

秋風や水夫にかがやく港の灯 蛇笏

秋風やこだま返して深山川 蛇笏

われ佇ちて古墳の松や秋の風 蛇笏

秋風や石積んだ馬動かざる みどり女

秋風にわれと見出でし己れかな 石鼎

秋風や北国に行く汝が小風呂敷 石鼎

秋風や屋根一面にもゆる苔 石鼎

山畑や茄子笑み割るる秋の風 鬼城

われと身の重みを地におぼえつつ草むらに見る秋の風かな 牧水

秋風やこころに一つ冷えしもの 石鼎

貝割菜の一叢生や秋の風 泊雲

あきかぜやためてよしなきはした銭 蛇笏

なんばんに酒のうまさよ秋の風 蛇笏

秋風や牛現はれし崖の上 石鼎

草の井に釣瓶あかあかと秋の風 石鼎

秋風や屋根の上行く杣が道 石鼎

尺八吹けば琴のゆくなる秋の風 かな女

秋風や雲の影徂く東山 草城

秋風や清涼寺いま門を閉づ 草城

秋の風竹の幹吹く光かな 草城

秋風や寝くたれ髪は藻のごとし 草城

秋風や花を生けざる大花瓶 草城