和歌と俳句

西山泊雲

芋の葉に玄翁の火や石碑彫る

葉を喰はれてや土中に黙し居る

洗ふ底を濁せし緋鯉かな

一本の黍に鈴なりの雀かな

新鍬の切れ味見よや土の秋

屋根越しに見る藪の穂や秋の雨

枝戦へど幹静かなる野分かな

蟷螂壁に白日濁る野分かな

草の中に小家漂ふ野分かな

地蔵会や漏斗を据ゑて賽銭箱

地蔵会や祠とりまき土産店

草の花仔牛とばせて面白し

親の股くゞる仔牛や草の花

栗の毬より野菊咲き出し山路かな

童子二人担へば重し芭蕉の葉

瀞に映る絶壁広し蔦の秋

草紅葉蝗も色に染まりけり

葉巻虫楚々とかくれぬ稲の露

秋雨や靄の往来に窓くらし

板屋打つ音次第に強し秋の雨

貝割菜の一叢生や秋の風

筧の水しばしば崖に吹きあて野分

日に焦げて上葉ばかりの紅葉かな

葉の戦ぎに少し応へての茎