芙蓉 ふよう

枝ぶりの日ごとに替る芙蓉かな 芭蕉

きりさめの空を芙蓉の天気かな 芭蕉

星の精や八日にさける白芙蓉 暁台

月満て芙蓉の花のすわりけり 暁台

立出て芙蓉の凋む日にあへり 白雄

露なくて色のさめたる芙蓉哉 子規

松が根になまめきたてる芙蓉哉 子規

反橋の小く見ゆる芙蓉かな 漱石

昼過ぎつ芙蓉の下に鶏すくむ 碧梧桐

しろ芙蓉妻ぶりほこる今はづかし里の三月に歌しりし秋 晶子

いろづける眞萩が下葉こぼれつゝ淋しき庭の白芙蓉の花 

沓の跡芙蓉の下に印すらん 碧梧桐

旅人は伏目にすぐる町はづれ白壁ぞひに咲く芙蓉かな 牧水

露けさの庵を繞りて芙蓉かな 漱石

城石垣一片移す庭芙蓉 碧梧桐

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図