朝顔

伊勢物語
我ならで下紐とくな朝顔の夕かげ待たぬ花にはありとも

好忠
おきて見むと思ひしほどに枯れにけり露よりけなるあさがほの花

源氏物語・朝顔
見し折りのつゆ忘られぬ朝顔の花の盛りは過ぎやしるらん

源氏物語・朝顔
秋はてて霧の籬にむすぼほれあるかなきかにうつる朝顔

源氏物語・宿り木
よそへてぞ見るべかりける白露の契りかおきし朝顔の花

後拾遺集 和泉式部
ありとしもたのむべきかは世中をしらする物は朝顔の花

匡房
たとふべきかたこそなけれわぎもこがねくたれ髪の朝顔の花

詞花集 六條齋院
神垣にかかるとならば朝顔もゆふかくるまでにほはざらめや

俊成
咲きてこそ消ゆとも消えめ露の間もあなうらやまし朝顔の花

定家
あかつきの夢の餘波を眺むればこれもはかなきあさがほの花

定家
さればこそとはじと思ひしふるさとを咲ける朝顔つゆもさながら

定家
朝顔よなにかほどなくうつろはむ人の心の花もかばかり

定家
しののめの別れの露を契りおきてかたみとどめぬ朝顔の花

定家
秋風のうら葉にためぬ白露のしをらでひたすあさがほのはな

実朝
風をまつ草のはにをく露よりもあだなる物はあさがほの花

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図